マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

パートと並行して在宅ワーク「パラレルキャリア」で収入増加も

2020年3月30日 15:00

パート勤務以外の時間を在宅ワークに充てる人も(イメージ)
パート勤務以外の時間を在宅ワークに充てる人も(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、会社へ出勤せずに仕事をする「テレワーク」が推進されている。

 このテレワークという言葉、今回の騒動で初めて耳にしたという人も多いだろう。1か月前から在宅での仕事に切り替えたシステムエンジニアの夫を持つ40代の涼子さん(仮名)は、その変化に驚く。

「夫は往復2時間の通勤時間がなくなったので、朝はゆっくり起きてから筋トレとランニングをして、以前より表情が生き生きとしています。というか、“なんだ、会社に行かなくても仕事できるんじゃん”という感じです。

 エアコンやパソコンをいままで以上に使うので電気代は多少上がりましたが、昼の外食代が浮いたのでむしろ安上がり。子供と過ごす時間も増えました。自由にたばこを吸いながら作業ができることもうれしいようで、“ずっとテレワークならいいのに”といつも話しています(笑い)」

 出産後は家庭に専念していた涼子さんだが、自宅でのびのび働く夫を見て、自分もテレワークで働けるのではないかと興味を抱き始めたという。

パート勤務より収入が増えた人も

「テレワーク」は、「tele=離れたところで」と「work=働く」を合わせた造語で、「在宅ワーク」「モバイルワーク」「リモートワーク」など、会社以外の場所で業務をこなす働き方全般を表す。1980年代からあった言葉だが、日本で本格的に推進され始めたのは3年前。国は東京五輪開会式の7月24日を「テレワーク・デイ」と定め、毎年同日には、一部企業で予行演習が行われてきた。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。