マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

テレワーク時の出社当番には雑務殺到 「観葉植物の水やりまで…」

2020年4月2日 16:00

出社当番の苦労は絶えない(イラスト/友利琢也)
出社当番の苦労は絶えない(イラスト/友利琢也)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、一部の企業で実施されているの「テレワーク(在宅勤務)」。慣れない自宅での作業にストレスを感じる社員は少なくないようだが、一方で会社がテレワークを導入しているにもかかわらず、オフィスに出社して仕事をしなければならない社員もいる。

 そんな少数の「出社当番」の社員たちも大変な目に遭っているという。製造業の30代男性がこぼす。

「どうしても、必要最低限の人数は会社に出ていなければならないので、ウチの会社は、30代までの若手社員が輪番で出社することになりました。ずっと家にいても退屈だから、たまには出社もいいかと思っていたが大間違い。当番日が憂鬱です」

 一体何が起きたのか。

「出社している人がほとんどいないので、外線電話や来客、宅配便、FAXなどの応対も含めるとかなりの時間をとられて終日てんやわんや。そのうえ、テレワーク中の上司からも次々と“依頼”が入るんです」

 その内容は様々だ。

「PCや周辺機器の設定方法を尋ねられるのはもちろん、『観葉植物に水をあげといて』とか『課長のデスクにある名刺ホルダーの写真を撮ってこい』など、社内政治のスパイまでさせられそうになりました」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。