マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

“年金ボーナス”導入へ 65歳以降も働けば受給額が毎年アップ

2020年4月7日 15:00

働き続ければ受給額もアップする「在職定時改定」の仕組みとは(イラスト/福島モンタ)

 現在議論が進められている年金制度改正では、老後の生活設計を考える上でいくつか重要なポイントがある。『週刊ポストGOLD あなたの年金』より、“年金博士”として知られる社会保険労務士の北村庄吾氏が「65歳以降も働く人」のための“年金ボーナス”について解説する。

 * * *
 今回の年金改正では「年金をもらいながら働く人」が有利になるような様々な新制度がつくられます。たとえば在職老齢年金の見直し。現在の制度は「年金をもらいながら働く人」は給料が多いほど年金がカットされて損をする仕組みです。

 60歳から64歳までの期間はとくに年金カットが大きい。改正後ではこの60代前半の在職老齢年金の年金カットの基準が変わり、年金をもらいながら働いても、多くの人が年金カットされなくなります。こうした変更により、〈65歳で年金受給し、70歳まで働く〉といった人生プランがスタンダードになっていくでしょう。

 そうした働き方を選ぶ人には、“年金ボーナス”が上乗せされることになります。

 これは「在職定時改定」という新制度です。言葉は難しいですが、仕組みはわかりやすい。 年金をもらいながら会社員として働く人は、毎月、給料から厚生年金保険料を徴収されます。長く働くほど支払う保険料の総額は増えていくのだから、年金額も増えなければおかしい。

 しかし、現在の制度では、65歳以降に支払った保険料分が年金額に上乗せされるのは、70歳になったときか、その前に退職した場合は、退職時になります。それまでは65歳の支給開始時の年金額が支給される。働いている間の保険料は年金に反映されない“払い損”になっていました。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。