マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金改正で「繰り上げ受給の減額デメリット」が軽減、月1万円アップも

2020年4月18日 7:00

繰り上げ受給で年金額が「月1万円」アップも(イラスト/福島モンタ)
繰り上げ受給で年金額が「月1万円」アップも(イラスト/福島モンタ)

 現在議論が進められている年金制度改正では、老後の生活設計を考える上でいくつか重要なポイントがある。『週刊ポストGOLD あなたの年金』より、“年金博士”として知られる社会保険労務士の北村庄吾氏が「繰り上げ受給」の大きな変更点について解説する。

 * * *
 年金繰り上げというと、「早くもらえても毎月の受給額が少なくなってしまう」と抵抗を感じる人が多いのではないでしょうか。

 しかし、年金制度は“細く長く”でも、“太く短く”を選んでも平均寿命までの総額はあまり変わりません。繰り上げで毎月の年金額は少なくなっても、トータルで考えると決して損ではないのです。

 さらに制度改正で「繰り上げ」に大きなメリットが加わります。繰り上げには、65歳より早くもらい始めるほど受給額が減らされていくルールがあります。受給開始時期を1か月繰り上げるごとに0.5%ずつ減額され、1年で6%、5年で30%減額されるというルールです。この現行制度では年金月額約16万円の人が「60歳繰り上げ」を選ぶと受給額は30%減らされて約11万円になるのです。

 新制度ではこの計算方法が変わり、1か月繰り上げるごとに減額されるのは「0.4%」になりました。1年で4.8%、5年で24%となります。60歳からの受給額は24%減の月額約12万円になるわけです。

 現行制度と比べて「月1万円」増えるわけですから、60歳から男性の平均寿命の82歳までの22年間で計算すると、今までと比べてざっと260万円ほど得することになります。繰り上げを選ぶメリットが大きくなるのは間違いありません。

 まだ現役でつき合いが多い60代は最も生活費がかかると言われますが、その60代にもらえる年金を多くするには繰り上げが有効です。

※週刊ポスト2020年5月1日号増刊『週刊ポストGOLD あなたの年金』より

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。