マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

借金大国・日本、「緊急経済対策108兆円」の大風呂敷の中身

2020年4月15日 15:00

緊急経済対策108兆円の効果は?(写真:時事通信フォト)

 今の日本の財政状態は非常に厳しい。経済規模に対する政府の借金の割合を示す指標である政府債務残高対GDP比率をみると、日本は2018年、237.13%で世界ワースト第1位であった(IMF推計ベース、GLOBAL NOTE まとめ、以下同)。第2位はスーダン、第3位はギリシャ、第4位はベネズエラである。イタリアは第7位で132.16%、アメリカは第12位で104.26%、中国は第95位で50.64%である。

 借金から流動性の高い財産を差し引いた純借入額、すなわち、政府債務残高から所有する通貨、SDR(特別引出権)、預金、保険・年金資産、貸付金、債権などの政府金融資産を差し引いた政府純債務残高対GDP比率でみても、日本は2018年、153.2%で世界ワースト第1位だ。

 一般会計予算において、歳入総額から国債など借入による収入を差し引いた金額を計算し、歳出総額から国債費など元本返済や利子支払いに充てられる費用を指しい引いた金額を計算、両金額の差を取ったものが、基礎的財政収支(プライマリー・バランス)であるが、それを名目GDPで割った値をみると、日本は2018年、▲2.92%で第153位であった(良い方から順位付けしている)。

 ただ、積極財政政策を行うアメリカは▲3.54%で第158位、中国は▲3.78%で第165位である。両国よりは少しマシだとはいえ、マイナスである以上、安心できる数字ではない。大きな借金を抱え、税金で支出を賄いきれない構造である日本では、大規模な財政政策が打ち出しにくい状況であることには変わりはない。

 日本政府は7日、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡など7都府県に対して緊急事態宣言を発表すると同時に、緊急経済対策を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、医療崩壊により多数の犠牲者をださないようにするために、密閉空間、密集場所、密接場面を防ぐ。その結果、経済活動が大きく阻害されるが、それへの対応策がこの緊急経済対策だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。