マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

在宅勤務でリビング占拠、「空気読まない夫」にどう対応すべき?

2020年5月1日 15:00

家は職場じゃない!(イラスト/ユキミ)
家は職場じゃない!(イラスト/ユキミ)

 コロナの影響で在宅勤務になった人は推定360万人(*パーソル総合研究所「全国2万人規模の緊急調査結果」2020年3月23日発表)。そのせいで家庭内が険悪になったと感じる妻は多い。その原因を精神科医・片田珠美さんはこう分析する。

「夫婦の接触時間が増えると、アラが目立つようになります。ただでさえ夫は、収入減や解雇の不安を抱え、焦っている。一方妻は、家事負担が増えた不満がある。相乗効果で負の感情が増幅するのです」

 4月7日には、収入減で口論となった夫が、妻を平手打ちして殺害した事件も起こった。これは他人事ではない。

「やり場のない怒りや不安を抱えると、男性は身近にいる自分より弱い者へ、その感情の矛先を向ける傾向があります。そのため、このような事件が起きてしまうのです」(片田さん)

 イライラしたときは、相手の何が不満なのかを明確にし、自分自身の感情の整理をする必要があると、夫婦問題に詳しいコラムニストの川崎貴子さんは言う。

「夫の気になる言動をなるべく具体的に書き出してみてください。そこで出てきた改善すべき部分はお互いに話し合い、一緒にいるストレスを減らさなければ、免疫力も下がりかねません」

 コロナ禍での夫婦の持久戦をどう戦い抜くか。リアルエピソードをひとつ紹介しよう。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。