マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

テレワーク時の夫婦衝突を防ぐために「家庭内ルール」確立を

2020年4月29日 15:00

テレワーク夫への対応は「さ・し・す・せ・そ」で乗り切る

 安倍晋三首相は4月11日、緊急事態宣言が発令された7都府県すべての企業に対し「どうしても出勤が必要な場合でも出勤者を最低7割は減らしてほしい」と訴えた。要請を受け、それまで反応が鈍かった企業でも急ごしらえのテレワークを採用するところが急増。通勤者は減った一方、大きな影響を受けたのが家庭内の夫婦の環境である。終日、夫が自宅で仕事をするようになり、ストレスを抱える妻が続出したのだ。

 SNS上では「ずっと夫が家にいて苦痛」「妻の私もテレワーク中なのに、3食、育児、掃除など家事は全部こっちに押し付けられる」などの不満の声が噴出。

「コロナ離婚」という言葉も生まれ、朝日新聞ではトップ記事で扱われた。これまで仕事に出かけていた夫と24時間顔を合わせねばならなくなったことで、夫婦が抱えていた問題が改めて浮き彫りになった形だ。

 どうすれば家庭不和を招かずに済むのか。夫婦円満コンサルタントの中村はるみさんは「テレワークするためには『家庭内ルール』の確立が大事」だと言う。

「まずは夫がテレワークをする場所をキチンと決めておくことです。リビングやキッチンは避け、ほかの部屋を通らずにトイレや玄関に行ける場所が理想です。部屋がない場合は寝室の一角を仕事スペースにするなど、ふだん妻が行動する範囲は避けることが鉄則です」(中村さん)

 妻や子供が日常生活を送る場所で夫が働くと、「静かにしろ!」「そんなことできない!」と夫婦がギクシャクしがち。家の中でも、いつも決まった場所でテレワークすることが大切なのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。