マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

福井では「利益ゼロ」でマスク販売 奮闘する地元密着企業の底力

2020年4月29日 7:00

マスク購入券配布の陰には地元企業の奮闘も(福井県庁。時事通信フォト)

 緊急事態宣言が全国に拡大するなか、地元密着型企業や地方自治体の奮闘が目立ってきた。

 福井県は県内の全29万世帯にマスク購入券を配布。生活雑貨販売「フジコンコーポレーション」(本社・鯖江市)などの協力で30万箱を確保し、坂井市に本社を置くドラッグストア「ゲンキー」に券を持参すれば、最大100枚(2箱)が購入できる仕組みを整備した。

 福井県創業・経営課の担当者が説明する。

「販売ルートを検討するなかで県内64店舗のゲンキーさんが、『仕入れ価格での販売=利益ゼロ』で快く協力してくれました」

 瀬戸内6県で86店舗を構えるスーパーマーケット「ハローズ」(本社・広島県福山市)は、全従業員にコロナ支援金を支給する。本部・経営企画室はこう話す。

「パートやアルバイトを含む8300人に総額4500万円の現金を支給します。生活支援とともに、慰労の意味もある。地域の方々の生活のために事業継続は必須だが、レジ業務などにあたる従業員は当然、不安があるなかでの勤務になる。その労に報いたかった」

 経済学者の宮本勝浩・関西大学名誉教授は、こうした地元密着型企業の取り組みが重要だと指摘する。

「トップの鶴の一声で方針が決められたり、郷土愛から利益度外視で地域貢献に取り組めるケースが少なくない。緊急時はそうした企業と行政の連携が不可欠です」

 大企業にはできない、地方の底力に喝采を送りたい。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。