マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナ禍でも融資に応じ続ける城南信金 有事に強い組織の特徴は?

2020年5月9日 7:00

城南信用金庫の融資窓口で対応する職員たち(写真:時事通信フォト)

 コロナ禍による未曽有の経済危機を迎え、日本政策金融公庫では中小企業に対し、3月中旬から「新型コロナウイルス感染症特別貸付」という実質無利子の緊急融資を開始した。だが、4月末現在で申請が46万件を超えたものの、実行できたのは6割以下。手続きに手間取り、融資されるまでに時間を要している金融機関は少なくない。金融機関の現場では、どのように融資を判断しているのか。城南信用金庫(以下、城南信金)の顧問を務める吉原毅さんは語る。

「会社経営者が融資の相談に来て、こちらが本部のお伺いを立てていたのでは、間に合わないこともあり得る。ですから当金庫では、融資についても職員個人や支店単位で判断しています」(吉原さん・以下同)

 城南信金への3月の融資相談件数は、通常の3倍増。審査書類の簡素化で貸し出しの迅速化をはかったこともあり、3月の融資額はなんと400億円以上にのぼった。前年同月の90億円と比べれば、実に4.5倍近い。ゴールデンウイーク中の5月2、3日も全店を開店して、中小企業融資支援のための相談窓口を設けた。経営トップの川本恭治理事長も休み返上で全店を回り、陣頭指揮をとった。

「“コロナでもたない会社は潰す”と自民党幹部が言い放ったという報道がありましたが、この考えはもってのほか。これでは、日本経済そのものが苦境に陥り兼ねません。会社が潰れれば、それに培ってきた技術や育てた人材、ノウハウのすべてが水泡に帰してしまう。もちろんふんばって持ちこたえることができれば、企業を救い、人も救い、それと同時に、アフターコロナの経済も立て直すことができるのです」

 その昔、「信用金庫の神様」と呼ばれた城南信金第3代理事長の小原鐵五郎(1899~1989年)の口癖は、「(信用金庫は)金儲けはするな」だった。多くの金融機関が投資で利益を生み出そうと株やリート(不動産投資信託)投資を行ってきたが、城南信金は一切、手を出していない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。