マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナ禍でも融資に応じ続ける城南信金 有事に強い組織の特徴は?

2020年5月9日 7:00 マネーポストWEB

 そして、かつてバブル崩壊やリーマン・ショック時にそうであったように、今回のコロナ禍で、またしても世界的株安に突入。あおりでほかの金融機関が資産を目減りさせるなか、城南信金は安定的に資産を確保し、融資に応じ続けている。「金融機関の役割は利益をあげることではない」──これは、現在も変わらず、経営方針として明記されている。

自主性のある人間が非常時に力を発揮

城南信金の顧問を務める一方で、麻布学園理事長も務める吉原毅さん

 資産力だけが強みではない。働く職員もまた、強力な武器になっている。吉原さんは言う。

「実は、うちには個人の評価基準がありません。職員に求めているのは“自分の頭で考えて行動できる人物かどうか”のみ。そうした人物なら、緊急事態にもいかんなく力を発揮できると考えるからです」

 今回のコロナ禍に直面し、理事長が発したメッセージも明確だ。

「“ピンチのときこそ、城南の出番”“大事なことを絞る”の2つだけ。“社会のため”という〈組織の理念〉さえ共有していればかまわない。あとは自分たちで考えて行動に移せ、ということです」

 吉原さんは城南信金の顧問を務める一方で、男子御三家の1つである中高一貫校の麻布学園理事長も務めている。4月に発売された新著『「過干渉」をやめたら子どもは伸びる』(小学館新書。教育評論家の尾木直樹さんと「校則なくした中学校」で校長を務めた西郷孝彦さんと3人の共著)の中で、吉原さんは、「自主性は過干渉を受けずに育つ環境で育まれる」と記している。

 それは家庭のみならず学校教育でも同じで、決まり事や校則でがんじがらめに縛られたり、教員による事細かで厳しい指導下では育ちにくいと話す。吉原さんの母校である麻布学園では、『自由闊達・自主自立』の理念のもと、個人の考えや行動が尊重され、その理念はいまも引き継がれている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。