マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

コロナ禍の株主総会 関西電力、日本郵政、レオパレスどうなる?

2020年5月14日 16:00

不祥事の後始末は?(関西電力の会見。時事通信フォト)
不祥事の後始末は?(関西電力の会見。時事通信フォト)

 株主総会が本番を迎える6月。今年はコロナ禍で開催延期を決める企業も現われたが、不祥事の後始末が注目される企業も多い。

 役員らが福井県高浜町元助役の森山栄治氏から3億円を超える金品を受領していた関西電力は、3月の取締役会で、6月の株主総会で提案する役員人事を発表した。『経済界』編集局長の関慎夫氏が語る。

「筆頭株主である大阪市は社外取締役に元大阪市長の橋下徹氏を起用するように求めたが、関電は政党色が強いとの理由で拒否した」

 新たに取締役会長に内定した前経団連会長の榊原定征氏は、大阪万博の誘致委員会会長で国際博覧会担当大使を務める。

「万博のスポンサー集めが難航する中、関電がスポンサーを降りるという話もあった。そんな中、旗振り役である榊原氏の会長就任に関西財界は安堵し、大阪市の松井一郎市長も正面からは反発しにくくなった。

 ただし、松井市長は橋下氏の社外取締役が拒否されたことに反発して株主代表訴訟も辞さない構えです」(同前)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。