マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「ゆうちょ銀行と郵便局にNISA口座を勝手に作られた」 40代女性怒りの告白

2019年8月23日 7:00 週刊ポスト

Aさんは投資信託の取引申込書に記入させられたという
Aさんは投資信託の取引申込書に記入させられたという

 かんぽ生命の不適切契約が大問題となるなか、新たな疑念を呼ぶ情報提供が寄せられた。郵便局の窓口で、「ゆうちょ銀行の『つみたてNISA(少額非課税投資制度)』の口座を勝手に作られた」というのである。

 都内在住の40代女性・Aさんは7月下旬、東京・品川区内の郵便局を訪れた。目的はiDeCo(個人型確定拠出年金)の申し込みだった。

「夫が経営する会社の役員になっているので、拠出金が所得控除を受けられるiDeCoを使って節税するのが目的でした。小さな郵便局だったからか、“専門の担当者を別の郵便局から呼びます”といわれ、翌日に改めて、投資信託が専門だという50代後半の女性局員と会いました」

 女性局員はAさんに対し、「iDeCoを始めるには特定口座の開設が必要」と説明。Aさんは開設に必要だと示された書類に記入、捺印した。

「説明された通りに判を押したので、問題なく手続きが進んでいると思ったら、10日ほどして“免許証のコピーを取り忘れた”と連絡があり、別の局員が自宅まで取りに来た。

 その時にわかったのですが、iDeCoの申し込みはコールセンターに電話して手続きを進めるもので、郵便局の窓口で特定口座を開設する必要なんてなかったんです。しかも、確認すると郵便局で記入した書類が、毎月1000円の『つみたてNISA』を始める契約になっていたのです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。