マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

保険会社は9月末まで保険料支払い延長可 契約者貸付の活用も

2020年5月18日 7:00 週刊ポスト

民間保険会社の特別対応措置
民間保険会社の特別対応措置

 新型コロナの影響で収入が一定程度下がった場合、国民健康保険料や介護保険料、国民年金保険料などが減免されたり、支払いを猶予してもらうことができる。

 同じ“保険料”では、生命保険などについても見逃せない。生命保険文化センターの調査によると、生命保険の年間支払い額は一世帯当たり平均38万2000円(平成30年)で、月3万円を超える。自動車、火災などの損害保険の保険料も加わると、家計への負担は決して軽くない。新型コロナによる収入減のなか、解約を検討している人も少なくないが、ファイナンシャルプランナーの福島えみ子氏は、慎重に考えたほうがいいという。

「生命保険は解約した場合、契約は元に戻せません。失効ならば復活もできますが、健康状態の告知や審査が再度必要です。持病が悪化している場合など健康に不安のある人は、不利になることもある」

 解約の前に検討したいのは、保険料の支払いの猶予だ。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢氏が説明する。

「特に条件はなく、自己申告でできます。平時なら1か月の猶予ですが、今回の新型コロナの影響を受け、多くの保険会社で9月末まで保険料の支払いを延長できます。損害保険には1年満期で更新する商品が多いですが、更新料の支払いも延長されます」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。