マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

住宅ローン返済に困った時に使える制度 返済特例、中ゆとり等

2020年5月17日 16:00

「住宅ローン」支払いに困った時に使える見直しの選択肢
「住宅ローン」支払いに困った時に使える見直しの選択肢

 新型コロナの影響で休業や時短で収入が大幅減となれば、家計支出で最も大きな割合を占める「住居費」も見直しの対象になる。家計が苦しいからと住宅ローンを滞納し、金融機関からの督促を無視し続ければ半年程度で自宅の「差し押さえ」、「競売」という最悪の事態を招くことになる。

 そうした事態を避けるため、「真っ先にすべきは金融機関への相談」だとファイナンシャルプランナーで節約アドバイザーの丸山晴美氏はいう。

「まずは、金融機関に事情を説明し、返済中のローン金利を下げてもらう『金利引き下げ交渉』をすべきです。金融庁も迅速かつ柔軟な対応を金融機関に求めているので、相談に応じてもらえる可能性はある。特に、20年以上前に組んだ住宅ローンは金利4%以上のケースもあり、引き下げ交渉だけでなく低金利ローンへの借り換えも視野に入れ、相談すべきでしょう」

 3%を超える高金利のローンが仮に1%台前半になれば、先々の返済額も大幅に減りメリットが大きくなる。ただ、金融機関との交渉が必ずしも思い通りに運ぶとは限らない。借り換えの場合は手続きに時間を要するだけでなく、登記費用や手数料などの費用負担が生じるデメリットもある。

 そこで“まず目の前の困難な状況を乗り越えたい”人には、「ローンの返済方法を変更する」ことが有力な選択肢となる。

 たとえば「フラット35」を扱う住宅金融支援機構は、東日本大震災の直後に最大5年間の支払い猶予措置を講じたが、今回も返済方法の変更による負担軽減メニューを示している。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。