マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

「家賃下げろ!」で大家が悲鳴「こっちだって大変なんだ!」

2020年5月16日 7:00

大家の立場はますます弱くなる?(イメージ)
大家の立場はますます弱くなる?(イメージ)

 新型コロナの影響でテナント料の支払いが困難となった中小・個人事業者に対し、自民・公明両党は家賃の3分の2(月額上限50万円)を半年間、給付することで大筋合意。安倍首相は39県の緊急事態宣言解除を表明した5月14日の会見で、中小事業者の家賃負担軽減のための新制度を設けると改めて強調した。だが、アパートやマンションなど賃貸物件に住む人々への支援については後手に回っている。

 休業や時短で収入が減り、賃料の支払いが困難になった場合は「住居確保給付金」が最大9月間給付されるが、条件はシビアだ。たとえば東京23区で給付の対象となるのは、2人世帯の場合で収入月額が19万4000円以下、資産(預貯金など)が78万円以下の人に限られる。この場合の支給額は6万4000円だ。家賃相場が高い東京では、「もらえないよりはマシ」という程度の金額といえるだろう。

 こうした事態を受け、公営住宅の家賃減免措置を講じる自治体が出てきたほか、民間では一部の賃貸大手が家賃猶予の対応を打ち出している。このような動きは今後、賃貸不動産業全体に広がるものとみられているが、個人経営の“大家さん”は店子からの「家賃減額要請」に戦々恐々としているという。

 東京・大田区で総戸数11のアパートを経営する山村義之氏(仮名・65)がため息まじりに話す。

「今のところ(減額の)要請はないが、新型コロナが長引けば当然、声を上げる人が出てくるだろう。『減額しなければ出ていく』と言い出す人もいるかもしれない。そうなれば、こっそり“おたくだけ”というわけにはいかず、アパート全体の家賃を下げざるを得なくなってしまう」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。