マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

コロナ休業であらためて考える飲食店にとっての「家賃」の重さ

2020年4月25日 16:00

夜の街も閑散としている(緊急事態宣言後の渋谷のセンター街。写真:時事通信フォト)
夜の街も閑散としている(緊急事態宣言後の渋谷のセンター街。写真:時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、営業自粛・休業に追い込まれた飲食店は数多い。経営者からは自治体や国に休業補償を求める声も相次いでいる。こうした有事の際に大きな足かせとなっているのが「家賃」だ。たとえ売り上げがなくても、家賃支払いは待ってもらえないからだ。

 ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、過去に馴染みのスナックから3回に分けて170万円の借金を頼まれ、実際にそれに応じたことがある。さらにはその店の経営が苦しい時には20万円を手渡したこともある。その際に重要なポイントとなったのが、やはり家賃だった。中川氏が自身の体験をもとに「商売と家賃と借金」について考察する。

 * * *
 今、全国の飲食店経営者が苦しんでいる状況は、本当に心が痛みます。飲食店において、固定費としてかかるのは、「家賃」「水道光熱費」「人件費(バイトへの賃金)」などでしょう。その他、変動費としては、「材料費」もあります。

 中でも最大のネックは、やはり「家賃」でしょう。売り上げがあろうとなかろうと、毎月の支払い期限は確実にやってきて、それが払えないようだと大家から追い出されることもあります。

 別に大家のことを「人でなし」扱いしたいわけではありません。大家だって商売をしているので、家賃をもらうのは当然のことですし、固定資産税も払わなければなりません。ただ、自分の本音を言うと、家賃を払うのがキツイ経営者は大家に「支払い猶予」を依頼し、それを受諾してくれた大家には公的機関・行政から補填のための資金を提供する、というやり方をしてほしいな、と思います。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。