マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

コロナ感染リスクがあるスーパーの店員 危険手当を要求できる?

2020年5月25日 15:00 週刊ポスト

 治療法の確立や感染終息までの間、身の危険を感じる従業員が出勤命令に従わずに休んだ場合、職務命令違反を理由に解雇しても、合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められず、無効になるでしょう。その代わり、賃金の支払いはありません。使用者は休まれては困るし、従業員も休みたくはないはず。

 ご質問の危険手当は、就業規則等で合意されていないと請求できません。パート契約時に約束がなければ、労使の交渉事になります。防止策を取っても、感染の不安は払拭されません。だからこそ名目はともかく、士気を高める意味でも、従業員の働く意気に手厚く報いることは極めて合理的です。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2020年6月5日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。