マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナ禍が浸透させたリモートライフ 占いやお見合いシーンにも

2020年5月24日 15:00

ビデオ通話アプリが活用されるシーンはますます増えている(イメージ)
ビデオ通話アプリが活用されるシーンはますます増えている(イメージ)

 仕事や授業などを遠隔操作で行うリモートライフがスタートして数か月。アイドルグループ『嵐』の櫻井翔(38才)が、自身の出演するニュース番組で、「新たに挑戦したこと」として、リモート飲み会を挙げるなど、ビデオ通話アプリを活用してデートや飲み会を楽しむ人たちが増えている。

 そもそも、ビデオ通話アプリとはどういうものなのか。これは、ビデオ撮影された相手とスマホやパソコンの画面越しに向き合い、会話ができるアプリのことで、よく使われている無料のビデオ通話アプリは5種。なかでも、「Zoom」が人気だと、ネットコミュニケーションの専門家・東智美さんは言う。

「人気の理由は、操作が簡単なこと。ほかのアプリは事前にアカウント登録が必要なのに対し、スマホとメールアドレスがあれば、すぐに始められます」(東さん・以下同)

 ただし、セキュリティー面では不安も残る。4月16日にはZoomのアカウント50万件以上が売買される不祥事が発生。

「Zoomはセキュリティーを強化しましたが、各企業では会議では使用しないなどの対策をとるように。ただし、便利なのは確かなため、飲み会では使うなど、アプリの特性を理解したうえで使い分けるようになってきました」

画面写真の無断掲載はNG

 今回のコロナ禍がなければ、ビデオ通話アプリは日本でここまで浸透しなかったのではないかと東さんは続ける。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。