マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

イギリスEU離脱でも中国株が大きく下がらない理由

2016年6月28日 18:00

イギリスEU離脱でも中国株が大きく下がらない理由

イギリスEU離脱でも中国株が大きく下がらない理由

 6月24日(金)、国民投票の結果、イギリスのEU離脱が決定した。これを受け、世界の株式市場は急落に見舞われたが、上海総合指数の下げ幅は相対的に小さかった。

 例えば、24日のイギリスFTSE100は3.1%下落、ドイツDAX30は6.7%下落、フランスCAC40は8.0%下落した。そのほか、NYダウは3.4%下落、香港ハンセンは2.9%下落、日経225は7.9%下落した。一方、上海総合は1.3%下落にとどまっている。

 日中足の動きをみると、前引け段階では1%安程度であったが、後場寄り直後には3%安程度まで売り込まれている。これは昼休み時間(日本時間12:30~14:00)に国民投票の結果が明らかになり、それを織り込んだということだろうが、その後は急回復している。

 中国本土市場におけるEU離脱による売りは、ごく短い時間で終了しており、その規模も小さかったといえよう。

 何故だろうか? 最大の要因は為替市場が安定していたからだと考えている。

 24日の本土人民元対ドルレートの値動きを見ると、ドル高(人民元安)に振れているが、高値ベースで0.7%、終値ベースで0.6%のドル高に過ぎない。24日の基準値は前日の終値を僅かに上回る水準であった。ちなみに、制度上、基準値から±2%の変動幅が許される。この日の取引は値幅制限に対して十分余裕があり、本土為替市場は安定が保たれていたと言えよう。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。