マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

現場大混乱で遅れる「10万円給付」 オンライン申請中止する自治体も

2020年6月7日 7:00

 実際、早いとされたオンライン申請での支給が、郵送申請よりも1~2週間ほど遅れた自治体もある。

 ミスも出始めた。大阪・寝屋川市では約2200人の住民に対して、総額2億円超の二重払いが発生してしまった。

 今回の「10万円給付」は、国の新型コロナ対策で突如現れた業務。そのため役所内に担当課は存在せず、各自治体の職員たちは四苦八苦。東京・品川区では、職員がローテーションを組み、24時間体制の作業を強いられている。

「政府はマイナンバーカードの普及率などを考えれば、現場に混乱が生じることは予想できたはずです。それなのにバタバタと枠組みを決定して、発表した後は各自治体に対応を“丸投げ”。無理を押し付けられた役所の人たちには同情します」(前出・荻原さん)

 支給が遅くなればなるほど、苦境に立たされる人は増えていく。政府には迅速な対応が求められる。

※女性セブン2020年6月18日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。