マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナで交通費の値上げラッシュも 高速バス、LCCの格安運賃消滅か

2020年6月18日 7:00

乗客数の制限で航空機運賃も値上げ必至か(イメージ)
乗客数の制限で航空機運賃も値上げ必至か(イメージ)

 コロナが落ち着いたら旅行に出かけたい──そう考えている人は多いだろうが、交通費の大幅アップは頭に入れておいたほうがよさそうだ。

 土日・祝日の高速道路料金は、これまで「休日割引」として平日より3割安くなっていたが、コロナ禍の県外移動を減らす目的もあり、割引適用外となった。

「適用除外は6月14日までと発表されたが、感染拡大の状況や地域によっては今後も継続されたり、再び適用除外になる可能性もある。来年7月からの東京五輪期間中は、首都高速の日中料金(6~22時)が1000円値上げされます」(モビリティジャーナリストの森口将之氏)

 飛行機での長距離移動も“コロナ便乗値上げ”が決定した。国交省は11の空港に対して、感染症対策にかかる費用を運賃に上乗せすることを認める方針を発表。

 昨年10月にも、羽田空港は国際線の施設利用料を2570円から2610円に値上げしたが、来夏にも追加値上げが行なわれる見込みだ。

 さらに格安航空(LCC)でも運賃の値上げが懸念されると、前出・森口氏が指摘する。

「LCCは搭乗率を高めることで料金を抑えるというビジネスモデルですが、ポストコロナでは座席の間隔を空けて運航することになる。そうなればLCCのビジネスモデル自体が成立しなくなるため、料金を上げざるを得なくなるでしょう」

 国際航空運送協会(IATA)も、乗客数を3分の2に制限した場合、賃金を大幅に上げないと採算がとれなくなると指摘している。同様の理由で、「格安の高速バス運賃の上昇も指摘されている」(森口氏)という。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。