マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

肉、野菜、果物…“プチ食糧危機”で品薄&高騰しそうな食品リスト

2020年6月17日 7:00

食料自給率が4割に満たない日本にとって大打撃(写真:アフロ)
食料自給率が4割に満たない日本にとって大打撃(写真:アフロ)

 多くの人に経済的損失を与えてきた新型コロナウイルスは、まだまだ家計に大きな影響与えそうだ。

「驚きました。普段は1房100円のバナナが200円を超えていたんですよ…」(スーパーを訪れた客)

 ようやくマスクや除菌グッズが入手しやすくなったのも束の間、次はスーパーでこのような悲鳴が上がっている。

 バナナが高騰している大きな要因は、輸入バナナの8割を占めるフィリピンからの輸入量が激減していることだ。フィリピンは新型コロナの影響で首都・マニラが都市封鎖されるなど、人の往来が制限され、収穫や物流にかかわる人員や資材が不足。加えて、中国による“バナナの爆買い”で、価格が高騰しているのだ。

 子供のおやつにうってつけのバナナは、巣ごもり消費で需要が高まっているにもかかわらず、入荷が追いついていないというのが実情。新型コロナの影響で、品薄になったり価格が高騰しそうなものはバナナだけではない。

 フードビジネスコンサルタントの永田雅乙さんが指摘する。

「家庭内での小麦粉の需要が増えたため、ホットケーキミックスや強力粉など小麦製品の品薄状態が続きましたが、これ以外にも品薄になる食品が出てくる可能性があります。産地の都市封鎖で収穫作業が停滞したり、航空機の減便で貨物量が減少しているからです。北半球の多くの地域では、感染は収束に向かっていますが、南米をはじめ、まさにいま、爆発的な感染が起きている地域もあり、生産や物流が以前のレベルに戻るには相当時間がかかるでしょう。これから、“プチ食糧危機”に突入するといっても過言ではありません」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。