マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

主婦の就活最前線 「ネットで完結」「エッセンシャルワーク」に可能性

2020年6月18日 16:00

コロナで主婦の就活トレンドはどう変わった?(イラスト/ユキミ)
コロナで主婦の就活トレンドはどう変わった?(イラスト/ユキミ)

 コロナ禍による家計への打撃に悩む主婦は多いが、働いて解消するというのも一つの手だ。かつての就活といえば、新聞の求人欄や求人誌、職業安定所などで情報を集め、市販の履歴書に記入して応募。対面でテストや面接をして採用してもらうのが一般的だった。しかし、いまはパソコンやスマホが1台あれば完結する。

 インターネット上の求人サイトで職種や勤務時間などの希望条件を選ぶと、該当する仕事が一覧で出てくる。その中から応募したい企業の応募ページに進めば、企業と直接コンタクトが取れる。場合によっては、履歴書などもメールやサイトの応募フォームから送れる。さらに「Zoom」などのビデオ通話アプリでリモート面接が行われ、採用か否かが決定する。

 いまや、一歩も外に出なくても就活ができる時代。つまり、外出を自粛しつつも、就活はできるというわけだ。

 では、いま人材が求められている業種は何か。

「主婦に人気が高いオフィス系事務職は、数年前から業務の自動化が進み、縮小傾向にありました。さらにコロナの影響で求人が減っています。

 一方で、慢性的な人手不足の業種もあります。スーパーマーケットなどの小売業、宅配などの物流、一部飲食などのサービス業、介護や保育などです。これらの仕事は、“エッセンシャルワーク”と呼ばれ、社会的に必要不可欠な仕事です。コロナの影響を受けても、求人はなくならないといえます」

 そう教えてくれたのは、働く主婦層3万人の声を調査してきた「しゅふJOB総研」所長の川上敬太郎さんだ。ただし、エッセンシャルワークは、人との接触が必須な場合も多いため、現状では細心の注意を払う必要がある。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。