マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

リボ払いにハマった利用者の心理「毎月定額でガチャができる!」

2020年7月17日 16:00

リボ払いにハマるきっかけは人それぞれだが…(イメージ)
リボ払いにハマるきっかけは人それぞれだが…(イメージ)

 クレジットカードの支払い方法には複数の選択肢がある。毎回、手数料のかからない1回払いをする人がいる一方で、いくら使おうと毎月の支払額が一定になる「リボ払い(リボルビング払い)」というものがある。決して安くはない金利手数料を払ってまで、なぜリボ払いにするのだろうか。利用者たちの話を聞くと、単に「お金がない」というだけではない心理や事情が見えてきた。

 現在は広告代理店で働く男性会社員・Aさん(30代)は、25歳のときに新卒で入った会社を辞め、一時期フリーランスとして過ごしていた。その時に財布を落としてしまい、クレジットカードを紛失したことがすべての始まりだった。

「海外旅行で財布を落として、すべてカードを止めたのですが、再発行できず……。メイン口座を変更したのに、カード会社に振替口座を切り替えたことを連絡し忘れ、返済が延滞。それが続いて、どうやらブラック認定されたみたいです」

 いわゆる“ブラックリスト”に入り、かつ当時の収入の不安定さから、クレジットカードを作ることができなくなったAさん。しかし、“運命のカード”と巡り合うことになる。

「消費者金融系のカードで、リボ払いしか支払いの選択肢がなかったんです。当時の僕は深く考えず、『神がいた!』という気持ちでした。約1か月以内で全額支払うことができれば、手数料がかからないというので、余裕かなって。でも、それが油断を生んだみたいで、パソコンやスマホ、食費や光熱費などといった生活費まで、ほとんどリボ払いで支払うようになっていました」(Aさん)

 経費はもちろん、生活費でもカードを利用していたAさんは、再び会社員になった現在、ボーナスなどで返済を続けて、1年がかりで完済したと話す。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。