マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

東京五輪 当選チケットは今のうちに払い戻した方がいいのか

2020年8月2日 7:00

幻のチケットになる可能性も?(Tokyo2020=時事)
幻のチケットになる可能性も?(Tokyo2020=時事)

 2020年7月から8月まで開催されるはずだった東京五輪。新型コロナウイルスの感染拡大で大会の1年延期が決まり、さらには目下、開催都市の東京で感染者が再び急増している。本当に1年後、世界中からアスリートと観客を集めて開催できるのか。

 もし東京五輪が「延期後に中止」となれば、避けられないのが「チケットの払い戻し問題」だ。

 組織委はすでに五輪チケット約448万枚を販売済み。3月の「延期」の決定後には、公式HPに〈日程変更後に来場が困難な場合等には、希望者に払い戻しを行う予定〉と掲載。近く詳細が発表される見通しだ。

 しかし、この払い戻しは「延期」で都合が合わなくなった人が前提。「中止」の場合には触れられていない。開会式のチケットに当選し、24万円を支払った関西在住の50代会社員はこう話す。

「正直、迷っています。家族も知人もカネに換えられない経験だからと観戦を勧める。ただ、“中止が決まったら返金されない”という話も聞く。コロナで残業がなくて給料も減ったし、金額も大きいからね。どうすればいいのか……」

 一時は当選の喜びに沸いた人たちが、一転して悩ましい立場にあるのだ。

「チケットの売り上げは組織委の収入の1割強を占める。中止で全部払い戻す資金が捻出できるのか疑問です。組織委は〈規約には『払い戻し不可』との記載はない〉と声明を発表した一方、“中止でも払い戻す”とは明言しない」(スポーツ紙記者)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。