マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

誰から届いたかわからない? 大学教員が嘆く学生のメールマナー問題

2020年8月13日 15:00

大学生のメールマナー問題とは?(イメージ)

 LINEなどのメッセージアプリが普及するにつれ、若者たちの間ではメールを送り合うという習慣も減っているようだ。とはいえ、オフィシャルな場面ではメールを使う機会は少なくない。そうした中で、大学関係者の間から、大学生のメールマナーが危ういという声が聞こえてきた。

 都内の中堅私立大学の経済学部で教員をしている男性Aさん(40代)は、学生のメール事情について、次のように語ってくれた。

「私の学部では必ず1年生に向けた基礎演習の講義で、『教員に対するメールの書き方』、『企業の方にメールを送る場合の定型文』など、メールマナーについて講義をしています。これは必修科目なので、すべての学生が履修しているはずです。

 にもかかわらず、実際に学生から送られているメールには驚かされる。『◯◯先生』という相手の名前を書かないだけでなく、自分の学籍番号や名前を書かないケースが非常に多いです。その時点で返信する気が失せてしまう。こちらとしては『どの講義を受講しているどの学生からのメールなのか?』というところから、確認しないといけません。

 先日も学生から“差出人不明”のメールが届きまして、『レポート課題提出日は過ぎたが、ネット環境が悪いので数日遅らせて提出させてほしい』と書いてあった。これに返信をしないでいたら、『ちょっと、モヤモヤするんで、早く返事をください、もう2日経ってますけど!』という催促のメールが送られてきました。そもそもメール用文体というものが、今の学生世代には馴染みがないのかもしれません」(Aさん)

 こうした類のメールを送る学生は、その他の大学にも存在する。関東圏の偏差値50前後の私立大学で教員をしている男性Bさん(30代)は、こう語る。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。