マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「エコバッグ万引き」が急増 万引きGメンはどこを見てるか

2020年8月10日 15:00

エコバッグの普及に伴い、思わぬトラブルも(イメージ)

 7月1日から始まったレジ袋の有料化。エコ意識の高まりを評価する声がある一方、不便を感じている利用者は少なくない。また、エコバッグをカムフラージュに利用した万引き被害が増加するなど、新たな問題も噴出しているという。

 有料となったレジ袋は1枚数円程度で、まだエコバッグを持っていない人や「レジ袋はほぼ毎回買っている」という人も少なくない。

 実際、都内のスーパーで複数の男性客に聞くと「面倒だから(持ち歩かない)」という声が多数を占めた。一方でこんな声もあった。「以前、マイバッグ(エコバッグ)をスーパーに持参したら、出口で警備員に呼び止められたことがあるんですよ。バッグには別のスーパーで買った商品が入っていて、それを万引きと勘違いされたようです」(50代男性)

 男性はレシートを警備員に提示し疑いを晴らしたが「非常に不愉快な思いをした」と振り返る。また別の40代男性客からも「最近“エコバッグ万引き”が増えているというニュースを見て、あらぬ疑いをかけられぬよう1人で買い物に行くときはエコバッグの使用を控えるようにしています」との声が聞かれた。

 大手スーパーの私服保安員(万引きGメン)に、急増する「エコバッグ万引き」について聞いた。

「以前は8割以上の客がレジ袋を利用していましたが、有料化後は半数以下になったように思えます。レジを通していない商品をエコバッグに詰め込まれると、精算済みか否か判断できないケースがあるため、バッグ持参者に対する監視の目を厳しくせざるを得なくなりました」

 保安員や店員が警戒するエコバッグの持ち方には、ある特徴があるという。

「われわれが注意するのは、スーパー備え付けの買い物かごの中にバッグを入れて買い物をする人です。かごの中で商品をバッグに移し替えても、傍目にはあまり不自然な動きには見えません。かごに残る他の商品はレジを通すため、怪しまれにくいという面もあります。ショッピングカートの持ち手にバッグをぶら下げている人もマークされやすい。商品をかごに入れたのか、バッグに入れたのか、見分けがつきにくいからです」(前出・保安員)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。