マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

レジ袋派vsエコバッグ派 パート主婦仲間で価値観の対立も

2020年7月15日 16:00

レジ袋派とエコバッグ派の価値観の違いとは?(イメージ)

 7月1日スタートのレジ袋有料化により、「エコバッグを初めて使った」、「一つでは買い物した荷物が入りきらないので買い足した」などの声が多く聞こえる。しかし一方で、「レジ袋のほうがエコでお得」という考えから、有料レジ袋を使い続ける人もいる。そんな“レジ袋派”のあるパート主婦を襲った顛末を、フリーライターの吉田みく氏がレポートする。

 * * *
「スーパーで貰えるレジ袋をゴミ袋代わりにしていたので、有料化は少し残念です」──そう語るのは、パート主婦の美奈子さん(仮名・36歳)。海洋汚染の原因となるプラスチックゴミ削減を目的に、7月よりスタートしたレジ袋の有料化。これを機会にエコバッグを購入する動きが増えるなど、個々の意識が変わり始めてきている。

 ところが美奈子さんは、その後も“レジ袋購入派”を続けているという。一体なぜなのか聞いてみた。

「ゴミ袋として利用していたのももちろんですが、スーパーで買い物をすると、思わぬ時にお肉の汁が漏れたりするんですよね。衛生的にどうなのかなって思ってしまって……」(美奈子さん、以下同)

 ネット上ではエコバッグの衛生面を問う声も上がってきており、美奈子さんのような意見も少なくないようだ。また、新型コロナウイルスの影響もあり、そうした衛生意識はより高まってきているようにも感じる。

「それよりも最近気になるのは、パート仲間同士でのエコバッグトークですね。その場で私がレジ袋を購入していることを話してしまって……」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。