マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

衛生面も気になる? レジ袋有料化でもエコバッグを拒否する人たち

2020年6月17日 15:00

たとえ有料化してもレジ袋を使い続けるワケは?
たとえ有料化してもレジ袋を使い続けるワケは?

 7月1日から小売店でレジ袋が有料化される。例えば、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社では1枚当たり3円、スーパーでは5円というところも多い。消費者はエコバッグを持ち歩くか、レジ袋を購入するかの選択に迫られるが、早々に「エコバッグは持たない」と決めている人たちもいる。

 30代の男性会社員・Aさんは、エコバッグを持ち歩くことに消極的だ。レジ袋が「廃止」されない限りは、お金を払って買い続けるつもりだと話す。

「会社帰りの買い物や、近所のコンビニにふらりとでかけるときにまで、わざわざエコバッグを持って行くことが面倒。なるべく荷物を持ちたくない自分にとって、エコバッグを持ち歩くのを習慣化することは難しい気がします」(Aさん)

 Aさんは、家庭内のゴミを捨てるときにもレジ袋を利用している。そのため、「5円くらいまでなら都度払ってもいい」という。

「いつも家のゴミを捨てるとき、レジ袋に入れてから指定のゴミ袋にまとめています。小さなレジ袋は、生ごみを捨てる用としても重宝。レジ袋が有料になったところで、ゴミ用の袋が必要なことに変わりはなく、むしろわざわざ別に買うほうが面倒です」(Aさん)

 20代の男性会社員・Bさんは、コスパの悪さを指摘する。

「500円のエコバッグが、どれくらいもつのか。1か月毎日買い物に行ったとして、5円のレジ袋を30枚買ったら150円。500円のもので4か月くらい使わないと“元がとれない”計算になりますよね。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。