マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナ特需のドラッグストア なぜマツキヨだけ大幅減収なのか

2020年5月25日 7:00 週刊ポスト

ドラッグストアは「マスクバカ売れ」のはずだが…(マツモトキヨシ。時事通信フォト)
ドラッグストアは「マスクバカ売れ」のはずだが…(マツモトキヨシ。時事通信フォト)

 新型コロナによる企業業績への影響が少しずつ明らかになってきた。世界経済が混乱するなかで、予想外に“業績アップ”を遂げた企業もあれば、足をすくわれてしまった企業もある。各業界の混乱の声をレポートする。

 狭い通路が大勢の買い物客で混雑し、パスタなど保存のきく食品の棚は空っぽ。肉などの生鮮品も飛ぶように売れ、レジには長蛇の列が──。「日常生活に必要」という理由で休業要請の対象外とされた食品スーパーは、緊急事態宣言下でも大繁盛となった。

 だが、同じように食品を扱うコンビニでは売り上げが減っているという。

「4月の売上高は、ファミリーマートが前年同月比14.8%減、ローソンが11.5%減、セブンイレブンが5.0%減。とくに都心近くにあるコンビニは、リモートワークの影響で厳しい数字になっている」(流通アナリストの渡辺広明氏)

“コロナ恐慌”ともいえる惨状に見舞われているのが、自動車業界だ。トヨタ自動車は新車販売が落ち込み、今季営業利益は8割減の見込みで、リーマンショックを上回る大打撃となっている。

 ホテルも同様で、帝国ホテルの2020年3月期連結純利益は34.8%減。3月の客室販売数は前年同月比8割減で、宴会場の営業もストップしているため、減収幅が拡大したという。

 対照的に好調な業界もある。ゲームメーカーの任天堂は、デジタル版の売り上げが激増した。ゲームの世界でサバイバル生活を営む『あつまれ どうぶつの森』が、自粛生活のなかで大ヒットし、3月の発売からわずか6週間で全世界での売り上げが1300万本を記録。営業利益(2020年3月期)は41.1%増となった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。