マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ビニール袋廃止のタイ、お国柄が反映されるエコバッグ事情

2020年2月4日 15:00

もちろん“普通”のエコバッグもある

 ビニール袋が廃止されたタイで、エコバッグ代わりにユニークなものに入れて買い物する姿がSNSに投稿され、日本でも話題になっている。こうした行動の裏には、“微笑みの国”らしい精神が隠されているといえそうだ。

 タイ政府は民間企業と協力し、今年1月1日から主要小売業者75社でビニール袋の配布を停止するキャンペーンを開始。2021年の完全廃止に向けた取り組みの一環だという。

 とはいえ、やはりいきなりは慣れない。タイ在住の記者は、バンコクの大型スーパー「BigC(ビッグシー)」に立ち寄り買い物をした際、うっかりエコバッグを忘れてしまい、結局、その日は品物を直接持って持ち帰ることになった。観光客と思しき人々も、記者と同じように品物を手に持って帰る人や慌ててエコバッグを購入する人など、やはり焦る客は多かったようだ。中には買い物かごに品物を入れてそのまま持ち帰ろうとする強者までいたほどだ(もちろん店側に止められた)。

 スーパーならエコバッグを持っていこうと準備することができるが、コンビニだとそうはいかないケースも。ふらっと出かけたときに何かを購入したくなることもあるだろう。そんなときでもエコバッグは10バーツ(約35円)ほどで買える。小売店によっては、ビニール袋をまだ提供しているところもある。

 そんな中、タイのSNS投稿には、“創意工夫”ともとれる姿が散見される。ツボやバケツ、スーツケース、リヤカー、洗濯干し、洗濯かご、米袋、工事用カラーコーンなど様々なものを袋代わりに使用。まるで今回のキャンペーンを楽しむような姿が印象的だ。

 記者はこのようなSNS投稿を、タイの人々がどう思っているのか気になった。日本に住んでいたことがあるという30代の女性会社員は、「いつものことです。タイ人は基本的に何でも面白くしてしまおうという精神なので。2011年の大洪水のときもそうでしたよ」と笑う。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。