マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

大気汚染が深刻なタイ 10年で大きく変わったマスク着用事情

2020年1月31日 16:00

大気汚染が深刻なタイ・バンコクの空

 日本では年間通しておなじみのマスク姿。最近では新型コロナウイルス対策で、中国をはじめアジア各地でマスクを着用する人が激増しているが、国が違えばその事情もまた違ってくる。最近はタイでも着用する人が増えているが、元々タイでのマスク着用は、大気汚染対策としての意味合いが強い。

 バンコクの大気汚染は深刻化している。1月21日、タイ・バンコクではPM2.5の濃度が観測地52か所のうち50か所で政府の安全基準値を超えたため、437校の学校が休校になったという。現地メディア「Bangkok Post」が報じている。

 ここ最近の状況について、バンコク在住の日本人男性会社員・Aさん(30代)は、「アプリでPM2.5の濃度を見るのが日課ですが、むしろ空を見た方が早いくらい。白いモヤがかかっている感じで、黄色かオレンジめいたときもある。異様な雰囲気です。マスクは必須で、しないとのどが痛くなります」と悲痛な声をあげる。

 バンコクの街は、ここ数年マスクをしている人が目立つようになった。それも30度を超える暑い日中でも、しっかりと着用している。特に若い人を中心にその傾向が強い。

「同僚のタイ人から、日本に帰るときは『マスクを買ってきてくれないか』と頼まれることが増えました。PM2.5対策用のしっかりとしたマスクや、耳が痛くならないタイプデザインのもの。作業現場並みの防塵用マスクを求める人もいました」(Aさん)

 タイ人の女性会社員・Bさん(20代)はバンコクのマスク事情をこう説明する。

「建設ラッシュで街がほこりっぽいうえに、渋滞で排気ガスもすごい。PM2.5の対策もしないと、あっという間に喉が痛くなるため、排気弁がついているような防塵マスクをする人もいます。色は白、水、黒色が基本ですね。私も通勤時に最寄り駅まで15分ほど歩く際は、マスクを着用しています。買うならいいモノがいいので、日本製を選びたいです」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。