マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

土地の名義変更で相続トラブル発生続出、50人以上の同意必要な例も

2020年9月4日 7:00

不動産の名義が変更されていないと相続が複雑になる
不動産の名義が変更されていないと相続が複雑になる

 相続トラブルが発生することが多いのが、土地に関する手続きだ。中でも「名義変更」には注意したい。

 50代のAさんは最近、父親が残した実家の土地を相続した。だが後日、叔父(父の弟)からの電話で、こう告げられた。

「あの土地は親父(Aさんの祖父)の名義のままだ。相続するには、相続人の許可をとって名義変更する必要があって大変だぞ」

 てっきり父親が祖父から相続したと思っていたAさんは不動産登記を確認すると、確かに祖父名義のままだった。調べると父の兄弟やその子など、相続人が出るわ出るわ。Aさんは名義変更のため、北から南へと駆け回る膨大な労力を強いられた。

「相続の際、土地の名義が変更されていないままのケースがよくあります」と指摘するのは、一般社団法人しあわせほうむネットワーク/司法書士法人リーガルサービス代表の野谷邦宏氏。その場合、「相続人調査」を行なう。

「不動産の名義人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本を取得し、相続権を継承している全員の戸籍謄本をたどって、誰が相続人なのか明らかにします。相続人が大勢になるケースが多く、北海道から九州まで相続人がいたり、中には“50人以上の相続人がいた”という事例もあります。また、登記名義が江戸時代末期のものだったということも相談事例でありました」(野谷氏、以下同)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。