マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

アサヒビール、マツダを救った「経営再建のプロ」銀行マンの凄さ

2020年9月14日 7:00

誰もが認める「経営再建のプロ」村井勉氏(共同通信社)
誰もが認める「経営再建のプロ」村井勉氏(共同通信社)

「確かにこの会社は満身創痍の状態です。だがまだ死んじゃいない!」──銀行員の企業再建に向けた熱意に、社員たちも奮い立つ。『半沢直樹』(TBS系)の一場面なのだが、実際の銀行員はどのように赤字企業の再建に関わっているのか。

 銀行が経営を立て直した象徴的なケースとして、元みずほ銀行支店長で作家の江上剛氏が挙げるのはアサヒビールだ。1980年代、アサヒビールは新参のサントリーにまで抜かれそうになるほどシェアを落とし、経営難に陥っていた。

「住友銀行(現・三井住友銀行)から村井勉氏、樋口廣太郎氏と2代続けて副頭取が社長として送り込まれた結果、“夕日ビール”と揶揄されていたアサヒは『スーパードライ』という大ヒット商品を生み出し、長年トップだったキリンを一気に抜き去った。

 その推進力となったのが樋口氏で、酒屋を一軒一軒訪問し、自ら前垂れを掛けて店頭に立ち、社員の意識を変えた。これは銀行マンだからではなく、樋口廣太郎という人の凄さと言えるでしょう。

 銀行による経営再建が難しいのは、“再建に失敗しても銀行に戻れる”という安心感があるからで、その会社に骨を埋めるぐらいの意識がないと難しいことです」(江上氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。