マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

モラハラ夫と別れたい専業主婦 離婚するために必要なことは?

2020年10月24日 11:00 女性セブン

モラハラ夫との離婚に向け法的に準備した方がいいことは?(イラスト/ユキミ)
モラハラ夫との離婚に向け法的に準備した方がいいことは?(イラスト/ユキミ)

 人生の後半戦を迎えた50代前後の女性たちの多くは、老後、離婚、介護、相続など、様々な不安や悩みを抱えている。だからこそ、いざという時のために役立つ法律を知っておけば、心穏やかに暮らせるのではないだろうか。ここでは、結婚生活に関する具体的な事例を挙げて、その解決法について東京法律事務所の弁護士の岸松江さんが解説する。

【事例】
夫の暴言に耐えられない! ……なんて理由でも離婚できますか? それに離婚後の生活も不安です。あの夫がお金を払ってくれるのか……。

 結婚生活20年目。夫からは長年にわたり「能なしが!」などと一方的に暴言を浴びせられ、ちょっとでも反論しようものなら「誰のせいで飯が食えると思ってんだ!」などと怒鳴られます。生活費もわずかしかもらえず、毎月カツカツ。夫からは給与の額やボーナスが出たかどうかも教えてもらっていません。それなのに、夜の生活は求められ、拒否するとまた激高。暴力を振るわれているわけではないのですが、もうこんな生活はいや。でも、専業主婦の私が生きていけるのか不安で離婚する勇気がありません。

【法律】
◆民法 第760条(婚姻費用の分担)
夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。

【解説】
◆同居中に証拠を集め、婚姻費用を!

「この事例は、精神的DV(ドメスティックバイオレンス)ともいえる“モラハラ”を受けている状態なので、立派な離婚事由になります。離婚前に、モラハラをされた証拠として、暴言を録音したり、日記に記録しておきましょう」(岸さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。