マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

“脱東京”で佐賀県唐津市への移住を決めた中川淳一郎氏「行き先は時の縁」

2020年10月24日 16:00

唐津への移住を決断した経緯は?(唐津市公式サイトより)
唐津への移住を決断した経緯は?(唐津市公式サイトより)

 コロナ禍での働き方の変化から、在宅でのリモートワークを認める企業も増えており、「東京に住み続ける必要はあるのか?」という意見が真剣に議論される風潮も見受けられるようになった。有名企業の中には本社の地方移転を決めたところも出ており、地方に住んでいても仕事の選択肢は今まで以上に豊富にある。そうした中、いち早く“脱東京”を決断し、11月から佐賀県唐津市に移住をするネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、いま、地方移住する意義について述べる。

 * * *
 私は元々地方に移住する気はありませんでした。そもそもの想定は、ネットニュース編集者として、2020年8月に開催予定だった東京五輪を報じたうえで、アメリカに移住し、手始めに米大統領選挙をリポートしようというものでした。しかし、コロナにより、アメリカに行くことはできなくなったため、諦めた。そんな状況下で、ライターのヨッピー氏から「アメリカに行けないのならば、佐賀に住めば?」というオファーをいただき、佐賀県唐津市に移住することになったのです。

 この決断について正しかったかどうかは、時間をかけなくては分からないでしょう。しかし、この段階で「脱東京」は案外正解だったのかな、という気もするんですよね。

 なにしろ、東京の満員電車というものは「異常」のひとことです。まさに、人を詰めまくっておしくらまんじゅう状態にして運ぶようなもの。痴漢被害や痴漢冤罪なども頻繁に発生する、極めて異常な空間が東京を含めた首都圏の満員電車の現実です。

 こうした状況を「異常だ」と言うのは簡単ですが、これに声をあげると「お前は理想主義者だ」やら「お前はサラリーマンの現実を分かっていない」などの反論を受ける。

 しかし、「満員電車は異常だ」という声こそ正常だと思うことが、今の日本人には必要なのではないでしょうか。だから私は東京を離れます。もう一生涯満員電車なんて乗りたくない。こんな異常空間に一瞬たりともいたくない。

 そうした人生を過ごすにはどうすべきか、と考えたらもう地方に行くしかないんですよね。ただ、一体どこに行けばいいか? という問題にブチあたります。それは、「時の縁」でいいのではないでしょうか。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。