マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

女性誌の相続特集 60代読者の赤裸々な質問に見る「妻の本音」

2020年11月11日 16:00

60代女性読者の相続に関する悩みはどんなもの?(イメージ)
60代女性読者の相続に関する悩みはどんなもの?(イメージ)

 人生100年時代の「年金」「相続」「終活」。妻たちが読んでいる「女性誌」の実用特集には、それらに備える赤裸々な本音と“具体的対策”が記されていた。

 妻たちの愛読誌には、相続に関する特集記事が多数掲載されている。50代以上の女性読者をターゲットにする「ゆうゆう」は、今年5月号で〈転ばぬ先の相続トラブルQ&A〉を特集した。そこでは、60代の女性読者から赤裸々な質問が寄せられていた。

〈夫より、私のほうが長生きしそう。節税のためには夫名義の自宅を生前贈与してもらうべき?〉
〈法律の改正で、配偶者の居住権が認められたと聞いてひと安心。一生、自宅に住めますよね?〉
〈夫の親と長く同居した私も義父母の財産を相続できる?〉

 男性も自分が亡くなった後を心配し、生前に遺産整理や相続の手続きを確認するケースが多いが、女性はさらに長生きを前提として「自分がどう相続するか」に関心があるようだ。

女性誌で人気の高い特集「夫が死んだらもらえるお金」
女性誌で人気の高い特集「夫が死んだらもらえるお金」

 妻が相続を心配するのは夫にも責任があると経済ジャーナリストの荻原博子氏が解説する。

「夫が財産管理をすべて担い、妻にお金の話をしない家庭では、夫の死後について妻の不安が高まります。妻からお金のことを聞かれると『俺の財産を狙うのか』『俺が死ぬと思っているのか』と怒ってしまう男性もいます。夫婦間のトラブルを避けるためにも、夫にもできるだけ妻に歩み寄って、自分の財産や相続のことを伝えることを心がけてほしい」

※週刊ポスト2020年11月20日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。