マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

ダメなのはわかっているのに… 「寝る前スマホ」の呪縛から逃れられない人たち

2020年11月28日 19:00

眠る前にどうしてもスマホをいじってしまう…(イメージ)
眠る前にどうしてもスマホをいじってしまう…(イメージ)

 寝る前の“ナイトルーティーン”は人それぞれ。気をつけておきたいのは、寝る前にスマホばかり見ていると、脳が覚醒してしまい、睡眠の質が脅かされてしまうということだ。このように「寝る前スマホ」がよくないことは、多くの人が知っているが、それでも「スマホがないと眠れない」という人たちがいる。

 IT企業で働く30代の男性会社員・Aさんは、“スマホ寝落ち”する日々を送っている。在宅勤務に移行してから起床時間が遅くなったこともあり、以前よりも夜ふかしするようになり、スマホをベッドに持ち込んでずっといじっているのだという。

「ソシャゲ(ソーシャルゲーム)を周回、スマホでまとめサイトをぐるぐる、Twitterをチェック、それから音楽も聴いています。だいたいそんな感じで、気づくと寝ています。眠りが浅かったり何度も目が覚めたり、睡眠の質が悪い自覚はあるのですが、やめられません」(Aさん)

 睡眠にとってマイナスだということは、重々承知しているAさんだが、スマホをいじって寝落ちしないと、不安やイライラが募ってしまうのだという。

「画面の明るさを一番暗い設定にしているとはいえ、目や睡眠に悪いことはわかっています。でも僕にとってストレス発散の手段でもあり、スマホをいじらないとかえって寝付けなくなってしまうんです。一度ベッドから遠いところに置いてみたことはあるのですが、なんだか不安になって、結局取りに行ってしまいました」(Aさん)

 アパレル関係企業に勤める30代の女性会社員・Bさんは、スマホでラジオやYouTubeを流しながら寝落ちする。

「スマホがないと眠れません。SNSやネットを見ることはあまりないのですが、ラジオやYouTubeを流すと、一発で眠れるんですよね。一応興味がある番組や動画を選びますが、その内容はほとんど覚えていません(笑)」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。