マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

友達にお金を貸すのはあり?なし? 「借金する時点で友達じゃない」の声も

2021年1月4日 16:00

友人が借金を申し込んできたら貸す?貸さない?
友人が借金を申し込んできたら貸す?貸さない?

 絶対に返すからお金を貸してほしい――。突然、そんなことを友人から言われたら、あなたは貸すだろうか。お金に関するメディアを運営するタンタカの調査で、「友達にお金(生活費)を貸して欲しい」と頼まれたら、実際いくらまで貸せるのか聞いたところ、「貸さない」が35.4%で最多の回答だった。一方、お金を貸すと回答した人では、「5000~1万円未満」が21.4%、次いで「1万~5万円未満」が20.8%だった。

 お金の貸し借りには、トラブルに見舞われるリスクもはらんでいる。SNSでも、お金を貸した友人に記憶喪失のふりをされたことをはじめ、お金がらみの“事件”の投稿は枚挙にいとまがない。お金が返って来ない、信頼関係を失うといったリスクを加味したうえで、友人にお金を貸すのは、「あり」か「なし」か、リアルな本音を聞いた。

 IT企業に勤める20代の男性・Aさんは、どんなことがあっても、友人をはじめ他人にお金を貸さない派だ。これまで一度もお金を貸したことはないという。

「トラブルになることは目に見えています。そもそも、『お金を貸してくれ』と言ってくる人は友人ではない。僕が同じ立場だったら、むしろ友人には絶対に言えない。お金を返してくる、返してくれないにかかわらず、『貸してくれ』の一言自体が、人間関係に影響すると思っています」(Aさん)

 とはいえ、Aさんの基準では“例外”もあるという。貸すというよりも、一時的に立て替えるなら「あり」だそうだ。

「財布を忘れたから、この会計だけは立て替えてほしい。手持ちのお金が足りないから、帰り道でATMに寄るので……などの場合はお金を貸すこともあります。すぐに回収可能で、数千円程度ならOKという認識です」(Aさん)

 一方、マスコミ関連企業に勤務する30代の男性・Bさんは、よく友人にお金を貸す。信頼関係や事情から、貸すか貸さないか、貸すにしてもいくらまで貸すかを総合的に判断するというが、上限は「1万円」に設定する。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。