マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

リーズナブルな樹木葬 合祀型なら1人10万円のケースも

2021年1月17日 7:00

樹木葬のメリットと注意点は?(イラスト/鈴木順幸)
樹木葬のメリットと注意点は?(イラスト/鈴木順幸)

 社会の変化とともに、墓事情に明らかな変化が見え始めている。墓に関する総合情報サイト『いいお墓』を運営する鎌倉新書は、2020年11月26日に「2019年に『いいお墓』経由で購入した墓の種類」に関する調査結果を発表した。全国平均の割合が一般墓27.4%、納骨堂24.9%なのに対し『いいお墓』経由で購入した墓の種類では樹木葬が41.5%と群を抜いてトップになっている。2010年の調査では一般墓の購入が91%だったが、その割合は年々低下し今回初めて樹木葬が一般墓を上回った。

 樹木葬とは墓石の代わりに樹木を墓標とし、故人が眠る場所には名前が刻銘された石のプレートなどを置くだけのもの。あくまでも『いいお墓』で購入された墓に関するデータではあるが、どうしてこの“簡素”な墓が選ばれているのか。

購入費が半額以下

 樹木葬のメリットを、葬送・終活支援ソーシャルワーカーの吉川美津子さんが解説する。

「墓石が不要のため、費用が抑えられることがメリットの1つといえます。新しくお墓を建てるには敷地の購入も必要ですが、都内にある一般墓の敷地は1区画が広くて値段が高い。一方の樹木葬は、1区画が一般墓よりも小さいことが多く、リーズナブルな費用で購入することができます」

 鎌倉新書の調査によれば、全国平均の一般墓の購入価格は約176万円。これに対し、樹木葬は約69万円と半額以下だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。