マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

コロナ禍の家計打撃で注目集まる副業 フリマアプリで月80万円稼ぐ人も

2021年1月24日 13:00

「女性向け副業マップ」収入と難度でその選択肢は様々
「女性向け副業マップ」収入と難度でその選択肢は様々

 新型コロナウイルスの感染拡大により、勤務時間の減少やボーナスカットなどが行われ、収入が減った家庭は少なくない。夫が都内のメーカーに勤務し、自身も働く佐久間美穂さん(仮名・50代)の家庭もそのひとつだ。美穂さんはこう話す。

「わが家の年収が計100万円も減ってしまったんです。2人の子供はまだ学生なので、学費などのお金がかかります。飲食店勤務で自宅待機が増えてしまった私は、減った分を補填するため、少しでも稼ぎたくて、自宅でできる副業を探しているところです」

 緊急事態宣言が各地に発出されているいま、外へ働きに出るのは難しい。美穂さんのように、在宅で稼げる副業を探す人が増えている。『儲かる副業図鑑 在宅勤務のスキマに始める80のシゴト』(小学館)の著者で公認会計士・税理士の山田真哉さんが話す。

「収入が減ったら、生活を維持するには貯金を取り崩すか、稼ぐしかありません。昔は、会社員の副業なんてとんでもないという考えが一般的でしたが、コロナ禍によって副業を解禁する企業が増えてきました。就業規則にそうとは書かれていなくても、暗黙の了解で許す雰囲気が高まっています。いまの勤め先で収入増加が見込めないのならば、ほかで収入を得ればいいんです」

 インターネットの普及とともに、在宅でできる副業はバリエーションが増え、稼げる仕事も増えてきた。なかには、副業で本業以上に稼ぐ強者もいる。ファイナンシャルプランナーで節約アドバイザーの丸山晴美さんが話す。

「フリマアプリの『ミンネ』や『メルカリ』で手作りのアクセサリーを販売して、月80万円以上の副業収入を稼いでいる会社員の人もいます。かくいう私も会社員だったのですが、自身の節約術が雑誌に紹介され、取材を受けているうちに、節約アドバイザーが本業になっていました(笑い)。誰でも、副業がメインの収入源になる可能性はあります」

 家計も緊急事態。稼げるならば、やらない手はない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。