マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

コロナ感染が懸念される中での出社命令 法的に従わなければならないのか?

2021年1月29日 15:00

 ただし、コロナ感染があった職場だと、感染リスクがあります。労働者は本来の労務で予想されていない危険な業務の就労を断われるので、消毒や濃厚接触者の出勤停止などの感染防止策が取られるまでは出社を見合わせても、会社は解雇できません。繰り返しになりますが、こうした特別な事情がない限り、出社拒否はできません。

 とはいえ、理由もわからないままでは面白くないでしょう。直接、上司に尋ねたらいかがですか。健康的で安心、一番頼みやすく信頼できるなど、高評価ゆえの指示だったのかも。特に理由がない場合、上司は他の社員に業務を頼むなどの対応を検討すると思います。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※週刊ポスト2021年2月5日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。