マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

スポーツクラブ常連70代女性の嘆き 隣の店舗の閉店余波で大混乱に

2021年2月1日 16:00

スポーツクラブの苦境は利用者にも混乱を招いている(イメージ)
スポーツクラブの苦境は利用者にも混乱を招いている(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、飲食店などの閉店が相次いでいるが、それはスポーツクラブも同様だ。経営悪化に伴う閉店で行き場を失った利用者のなかには、別のスポーツクラブに入会する人も少なくない。それがまた大きな混乱を招いているようだ。

「普段は来ないような層の人たちが、私が通うスポーツジムに大量に来るようになって戸惑っています。利便性も落ちました」

 そう嘆くのは都内に住む専業主婦、太田美智子さん(仮名・70代)だ。元々、太田さんが住むエリアにはスポーツクラブがA店、B店、C店の3店舗あり、太田さんはA店に通っている。

 A店は24時間営業で、大型スパやサウナといった施設も揃っている。筋トレをストイックにやるというよりは、太極拳やヨガ、フラダンスといったリラックスムードのレッスンが多く、高齢者がターゲットだ。その地域では会員料金が比較的安い月額1万円。

 B店は大手企業が運営する有名スポーツクラブで、プールが3つ、マシンジムエリアも2つある大型店舗。フィットネス機器はもちろんプログラムも豊富で、筋トレやエクササイズに関心がある人が多く、会員料金は月額1万3750円。

 C店は通常のフィットネス施設以外にエステなど美容施設もある高級スポーツクラブで、「近所の友人が通っていて、一度送っていったことがあるのですが、いかにも上品そうな人がたくさんいました」(太田さん)という。会員料金は月額1万3500円でB店と大差ないが、営業時間はB店よりも短く、レッスンはヨガや気功といったリラクゼーションメインで、数も少ない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。