マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

吉田みく「誰にだって言い分があります」

「お野菜のお値段が!」地元ママたちを困惑させる港区出身ママのレベル違い発言

2021年2月5日 19:00

生活レベルが違いすぎると話も合わない?(イメージ)
生活レベルが違いすぎると話も合わない?(イメージ)

 シロガネーゼに麻布妻……。東京都・港区は所得水準の高い地域だけに、そこに住む主婦たちが富裕層妻のイメージで語られることも少なくない。そんな彼女たちは、港区の「外」に出ると、どんな存在なのか。近所に引っ越してきた「元・港区妻」との出会いについて語る埼玉在住の30代主婦に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
「苦手なタイプの人が越してきた……。私の中ではその印象しかないです」。埼玉県在住の専業主婦、坂田綾乃さん(仮名・32歳)は、最近ある場所から近所に引っ越してきたママ友の言動に心がかき乱されているという。坂田さんは現在、同い年の夫と2歳の娘の3人暮らしである。

 坂田さん一家の住む地域は、都心から1時間ほど離れた自然豊かな落ち着いた住宅街。子育てするのに良い環境だと思い、3年前に新築一戸建てを購入した。

 子供が生まれてからは地元の児童館へよく通っているという坂田さん。足を運ぶと、いつも同じママたちがいるという。食事の献立や芸能ニュースなどを雑談程度に楽しむ距離感に居心地の良さを感じていたのだが、ある日を境に状況が大きく変わったそうだ。

「『初めて利用するんですけど……』と、40代くらいの、高級腕時計が眩しいオシャレなママに話しかけられたんです。名前は玲子さん(仮名)。プチプラファッションのママばかりの児童館ですので、とても目立つ存在でした。

 社交的な性格の方なようで、玲子さんのほうから『お子さん、同じ学年かもしれないです! うちの子も女の子!』と声をかけてくれました。終始ニコニコ、悪い気はしませんでした」(坂田さん、以下同)

 後でわかったことだが、玲子さんの夫の実家は近所でも知られる地元の名士だった。玲子さん一家は港区に住んでいたが、夫の実家の敷地に一戸建てを新築したので引っ越してきたという。児童館ではママ友同士、いつものように他愛のない会話をしていたが、そのうち玲子さんの本音が見え始めたと坂田さんは言う。

「『越してきて驚いたのは、お野菜のお値段! 港区のお野菜はとにかくお高いの! 人参1袋100円に感動~!』なんて言ってました。この地域のことを持ち上げているようで、若干見下している空気が伝わってきました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。