マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナ「第4波」は本当にやって来る? ワクチン浸透で防げるのか

2021年3月13日 7:00 週刊ポスト

コロナ「第4波」の可能性は?(イメージ)
コロナ「第4波」の可能性は?(イメージ)

 1都3県の緊急事態宣言は延長されたものの、新型コロナ第3波は収束に向かいつつある。ワクチン接種も始まり、このまま日常が取り戻せるのか──そうした楽観が後に痛い目を見ることを、私たちはもう学んでいる。

「第4波」はやって来るのか。来るとすればいつなのか。予備知識があれば、あたふたせずに対応もできる。

第4波はいつ来るのか?

 感染症やワクチンに詳しい血液内科医の久住英二氏(ナビタスクリニック理事長)はこう話す。

「緊急事態宣言を終えると人の動きが始まり、また感染が拡大します。これまでそのサイクルはおおむね4か月ごとでした。3月に宣言解除となれば、7~8月頃に第4波の可能性が考えられます」

ワクチンが浸透すれば第4波は来ない?

 国内ではワクチン接種が始まったが──。

「これまでの供給や接種の遅れを踏まえると、高齢者3600万人への接種が本格化するのは7月頃と見るのが妥当。流行主体である30~50代への接種は9月以降になるでしょう。

 高齢者接種が順調に進んでもワクチンの抑止効果は限定的なので、7~8月頃の第4波の可能性は否めない」(同前)

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。