マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「糖質ゼロビール戦争」を横目にアサヒ、サッポロが狙う“次の鉱脈”

2021年4月12日 7:00

アサヒやサッポロは「糖質ゼロビール戦争」にどう対抗するか(写真は「アサヒ ビアリー」PRの様子/時事通信フォト)
アサヒやサッポロは「糖質ゼロビール戦争」にどう対抗するか(写真は「アサヒ ビアリー」PRの様子/時事通信フォト)

 コロナ禍でビール各社が力を入れるのが家庭向けの“健康志向”ビールだ。なかでも2020年10月にキリンが開発した“糖質ゼロ”のビール「一番搾り 糖質0」が大ヒットとなった。そこにサントリーはこの4月、同ジャンルの「パーフェクトサントリービール」で参戦。熾烈なバトルが始まろうとしている。

 今後、糖質ゼロ戦争がどのような展開を見せるのか注目される一方で、アサヒやサッポロの動きも気になるところ。経済ジャーナリストの河野圭祐氏が言う。

「今後の市場が拡大していけば新規参入は十分あり得るでしょう。特にアサヒの『スーパードライ』のブランド力はいまだに強力。たとえば『スーパードライ糖質ゼロ』を発売すれば一気にトップに躍り出る可能性も秘めています。

 アサヒは過去に糖質50%オフのビール『アサヒ・ザ・ドリーム』を発売したこともある。すでに相当の技術力を持っているのではないか」

 アサヒに訊ねると、「今のところ(糖質ゼロビールを)出す予定はありません」(広報部)と回答した。アサヒ関係者が言う。

「ネックは、やはり“味の物足りなさ”です。糖質をカットすると、どうしてもビール本来のキレ味や飲み応えを実現することが難しい。発泡酒や新ジャンルに糖質ゼロの商品もあり、現状では静観の構えです」

 アサヒは缶の上部が全開する新容器で生ビールの泡立ちを再現した『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』(4月発売)と、アルコール分0.5%で「微アルコール」を打ち出した「アサヒ ビアリー」(3月末発売)の2つの新機軸で対抗していく方針だという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。