マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

AIで大きく進化する家電 冷蔵庫が栄養アドバイスをする未来も

2021年4月23日 16:00

AIで家電はどう進化している?(写真はサムスンの冷蔵庫『Family Hub 2.0』/共同通信社)
AIで家電はどう進化している?(写真はサムスンの冷蔵庫『Family Hub 2.0』/共同通信社)

 多くの家電にもその技術が応用され、どんどん身近になっているAI。アレクサなどのスマート家電はまさにその代表例で、今後AI家電がさらなる発展を遂げるのは明らかだ。ほかの家電と連携して、ある程度まで家に近づくと自動でエアコンや照明のスイッチが入る機能や、部屋の空気の汚れに反応して勝手に空気清浄機が作動する機能などは、すでに実用化されている。

 知的家事プロデューサーの本間朝子さんが近未来の冷蔵庫を予言する。

「韓国のサムスンの新型冷蔵庫は、庫内にカメラが配置され、どの食材がどれだけストックされているか把握してくれる。その残量は扉に設置されたタッチスクリーンに表示され、スクリーンに向かってしゃべることで、足りない食材を注文できます。

 家族の好みと食材のストックから1週間分のメニューも提案してくれるので、近い将来は、冷蔵庫に搭載されたAIが、家族の食事記録をもとにした栄養アドバイスもしてくれるようになるでしょう」(本間さん・以下同)

 肉ばかり食べていたら、“ソロソロ魚ハイカガデスカ?”などと、家電が提案してくれるのだ。

 すでに、アマゾンなどでは消費者の購入履歴の傾向を読み、「あなたへのおすすめ」として、新たな商品を提案している。今後は、あなたの代わりにわが家の家電がメニューを考案するようになるのだ。

「この技術が進化すれば、料理以外もラクになるはず。たとえばクローゼットにAIが搭載されれば、普段着の傾向を把握し、流行や気温から、その日はどんなコーディネートがいいか提案するようになるでしょう。実際、クローゼットのAIとアパレル業者が提携し、洋服の販売促進に結びつける計画がありました」

これからの家事のキーワードは「レジャー化」

 ここで重要なポイントは、家電の進化が「便利」なだけでなく、「楽しい」体験となることだ。家事シェア研究家でNPO法人tadaima!代表の三木智有さんがいう。

「たとえば、パナソニックのスチームオーブンレンジ『ビストロ』は、下ごしらえした食材を耐熱ボウルに入れて“チン”するだけで、中華からフレンチ、イタリアンまでさまざまな料理ができる。電気調理鍋の『スロークッカー』は、時間はかかるけれど、ボタンひとつで低温調理ができ、信じられないほどおいしい料理がつくれます。

 料理に苦手意識のある男性でも、こんなハイテク家電があると家事のハードルが下がり、さらに楽しみながら、積極的に家事に参加できるようになります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。