マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

あんなに好きだったのに…「VTuber疲れ」で休眠状態になったファン心理

2021年4月27日 15:00

最近“VTuber疲れ”している人たちの本音(イメージ)
最近“VTuber疲れ”している人たちの本音(イメージ)

「バーチャルYouTuber」(VTuber)市場の拡大が続いている。ユーザーローカルの調査によれば、VTuberの人数は1万3000を突破(2020年11月9日時点)。2018年3月19日の1000人から約2年半あまりで約13倍に増大している。

 その一方で、黎明期を支えてきたVTuberの引退も目立ってきた。昨年は、さはな、虹河ラキなどが卒業。最近ではVTuberグループ「アイドル部」の1期生全員が卒業を発表したばかりだ。そんな成長と新陳代謝が著しいVTuberに対し、今まさに夢中という人も多いだろうが、視聴に疲れてしまい“休眠状態”という人もいるようだ。

「最近は仕事が忙しくて、なかなか時間が取れなくて見られなくて……。配信メインのVTuberが多くて、追えなくなってきました。とにかく拘束時間が長いですね。VTuber同士の絡みも魅力で、男女でワイワイとゲームしている感じが好きだったのですが」

 そう嘆くのは、IT業界に勤める20代の女性会社員・Aさんだ。新着の通知が来ても「タップしないことが増えた」という。アーカイブを消化しようとしても、平日は時間が取れずに放置してしまいがちになった。

「アーカイブを消費できずに、たまっていくのがストレスになりました。反対に視聴できた時はテンションが変になり、高額スパチャ(「スーパーチャット」の略。投げ銭機能のこと)してしまい、それも後になって反省するように。結果、悪循環になってきたので、いっそ距離を置こうと思いました。極論、沼にハマると趣味や余暇を全部VTuberに捧げてしまいそうで怖い。それはさすがに無理ですから……しばらくお休みします」(Aさん)

 建設業界で働く30代の男性会社員・Bさんは、3年ほど前から視聴を開始。ブームを牽引したキズナアイを“親分”とした、電脳少女シロ、ミライアカリ、輝夜月、バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん(ねこます)の“VTuber四天王”が最大勢力だった時代だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。