マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

予定利率6%のものも!解約してはいけない「お宝保険」の見分け方

2021年5月16日 16:00 女性セブン

加入し続けた方がいい「お宝保険」の見分け方(イメージ)
加入し続けた方がいい「お宝保険」の見分け方(イメージ)

 コロナ禍による生活への負担増で、家計の見直しを考える人も少なくない。なかでも、保険はしっかりと見極める必要があるだろう。

 月々払い続けていると気づきにくいが、生涯支払う保険料の総額は思いのほか高い。2018年の生命保険文化センターの調べによると、1世帯あたりで1年間に支払う生命保険の保険料は平均して38.2万円にもなる。

 仮にこれを30年間支払うと1146万円、40年間なら1528万円にもなる。生命保険が「マイホームの次に高い買い物」といわれるゆえんはこれだ。

「“保険料が高い”と感じるようであれば、その時点で、特約のつけすぎなど、保険商品の選択が間違っています。保険料が高い終身保険など、月々の保険料が家計を圧迫しているなら、解約を考えてもいいでしょう」(ファイナンシャルプランナーの横川由理さん)

20年前に入った保険は“お宝”の可能性大

 ただ、なかにはすぐに解約しない方がいい「お宝保険」もある。

「現在の終身保険の予定利率が0.25%ほどしかないのに対し、1996年3月までに契約した終身保険は、予定利率が3.75%もありました。つまり、15倍近く開きがあるのです。20年以上前に契約した終身保険がある場合は、解約せず大切にとっておいてほしい」(横川さん)

 さらに、バブル期の1985年4月1日~1992年頃までは、利率6%のものもあったというから驚きだ。そこから徐々に利率は下がるが、それでも1999年3月までのものなら、予定利率は2.75%ほどだ。

「いまの超低金利から考えると、2000年より前に契約したものは“お宝保険”といえます。保険会社にとっては不利になるため、見直しを勧めてくる可能性がありますが、解約しない方がいいでしょう」(保険評論家の長尾義弘さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。