マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

人気の都市部の納骨堂 追加メンテ費用、管理会社変更のリスクも

2021年6月4日 7:00

都市部の納骨堂は手軽な反面、注意点も(イメージ)
都市部の納骨堂は手軽な反面、注意点も(イメージ)

 遺された家族にとって、葬儀やお墓は労力も費用も大きな負担となる。だからこそ生きているうちに準備を進めておきたいと考える親は多いが、それが裏目に出ることがある。都内の60代元会社員の男性は、先祖代々の墓地には骨壺を納めるスペースが足りないため、定年を機に近郊で墓探しを始めた。その結果、23区内より手頃な郊外の霊園の墓地に決め、永代使用料を支払った。

 しかし、男性が子供たちに墓地購入を告げると、戻ってきたのは、予想外の反応だった。

「『そんな辺鄙な場所、お参りできない』と皆から責められました。結局、子供らに押し切られるかたちで、墓石代にするはずの100万円を払って、アクセスのよい都内の納骨堂を契約し直しました。郊外に買った墓地は売買ができないそうなので、現在も保有したままです」(60代元会社員)

 葬儀・お墓コンサルタントの吉川美津子氏が指摘する。

「霊園の区画使用権は原則として他の人に売ったり販売会社に買い戻してもらうことはできません。また、最近は都市部の自動搬送式の納骨堂の人気が高まっていますが、こちらは管理費が年間1万~2万円ほど必要になることが多く、固定型の納骨堂に比べて少々高めです。大規模なメンテナンス時に追加費用がかかるリスクもあります」

 早くに墓を準備したのに、「業者の倒産」という想定外の事態に見舞われることもある。

 2010年には福井県あわら市の寺院が経営破綻した。その際、墓地や納骨堂の所有権が民間管理業者に移行するとともに、墓の移転や骨壺の返還を申し出る人が現われた。

「永代供養墓や納骨堂の場合、寺から開発や販売を委任された会社が倒産した後に業務が別会社に移行して、管理費用などの方針が変わるケースがあります。その場合、原則として墓地の購入費用や永代供養料は戻ってきません」(吉川氏)

 早めの準備が、裏目に出ることは多いのだ。

※週刊ポスト2021年6月4日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。